2018年3月31日 (土)

お金って素晴らしい

人生の中で大切なものは人それぞれ、愛だという人もいれば健康だという人もいるでしょう。私にとって大切なもの、それはお金です。

お金というと、なんだか性格が悪い人で強欲な人のように感じるかもしれません。

しかし私は決して強欲ではないし、浪費家でもありません。

純粋に『お金』というものが好きなんです。

お金は裏切りませんし、こちらが頑張った分増えていくし、一番分かりやすい自分が努力した証だと思うのです。

お金なんてなくても愛があれば大丈夫、なんて言葉を聞いたこともありますが私はそうは思いません。

どんなに愛し合っていても、明日からパートナーが無職になったらそれまでの関係性は絶対に変わってしまいます。

目の前に大金持ちの石油王があらわれたら、もしかしたら結婚の約束をしていたとしても恋人は去っていってしまうかもしれません。

健康だって、お金にやはり左右されます。

貧乏で食べられなかったら究極餓死してしまいますし、栄養バランスが崩れて重い病気になるかもしれません。

反対にお金もちならどうでしょう。

毎日無農薬野菜を食べられ、専属のシェフに美味しくてヘルシーな料理を作ってもらえるはずです。

万が一病気になったとしても腕の良い医者を見つけ出し、完治する可能性も高くなります。お金は、人を幸せにしてくれるものだと私は思います。

逆にこの世界中で、お金が大嫌いだ!という人はいるのでしょうか。

もし存在するのなら、その人は人生でお金に困ったことがないか、あるいは多額のお金が手元にあったがゆえに何か不幸に見舞われたのかもしれません。

でも私は、お金はあっても腐れることはないしあるにこしたことないと心底感じています。

その理由は幼少期、あまり裕福でなかったことが関係していると思います。

大人になった今、自分で人生を選ぶ努力ができる今だからこそ、お金をたっぷり稼ぎたい、とニコニコした笑顔の裏で秘密の野望を抱く私なのでした。

2016年1月22日 (金)

サッカーのホームページをよく見ています

私はドイツワールドカップの時からサッカーの日本代表のファンになりました。

それ以来、テレビでサッカーの試合、特に日本代表戦が放送されると必ず見るようにしています。

現在は、日本サッカー協会のホームページやまとめサイトをチェックするようになりました。

なぜなら、今まで考えたこともなかった八百長の事件の疑いがある監督を人事しているからです。

テレビでは、アギーレ監督の報道がされつつもアジアカップの報道もされているので、ほとんどの日本人が「アギーレ監督の疑惑」を耳にしたことが有るのではないでしょうか?

私が、日本サッカー協会のホームページを見るのは、理由があります。

直接サッカー協会が出すコメントを自分の目で見たいからです。

テレビでは、放送する時に多少テレビ局によって意見の伝えかたがことなります。

また、報道の印象でアギーレ監督はこういった、ああいった、とか印象も疑惑の可能性も多いに変わります。

なので、公式にでたコメントから私は判断をしたり考えを持ちたいと思っています。

誰にも編集をされてない真っ白な状態のデータで判断したいのです。

そのために、私は公式サイトのホームページをチェックしています。

また、公式サイトをチェックするようになってから、海外で活躍する選手の情報も興味が湧くようになりました。

日本サッカー協会の仕事の内容も把握できるようになりました。

協会の人がどういう活動をしているのか。

日本を復興させるためにイベントを企画しているとか、選手会との関わり方や、若い世代の育成に力を入れているなど、テレビでこまかく報道されていない分野に、自分で踏み込むことができます。

興味があることなので、自分で調べて情報をあつめていくのはとても楽しい気持ちがわいてきます。

なので、ホームページを見るのは好きですね。

古いパソコンを廃棄して新しいのを買ったので快適にブラウジングしています。

2015年10月21日 (水)

WEBサイトでできるボランティア

東日本大震災以来、多くの人々が寄付を贈ったりやボランティアに参加するなど、様々な形で支援を行ってきました。

実は、WEBサイト上でもできるボランティアがあり、簡単な作業で参加することができます。

クリック募金と言われるシステムは、そのWEBサイトを見た人が、WEBサイト上のボタンをクリックするだけで寄付をしたことになります。

その仕組みは、WEBサイトを運営する企業がボタンがクリックされた数によって、一定の金額を支援団体へ寄付をしてゆくというもので、WEBサイトを観て、クリックするだけで寄付に協力することができます。

東日本大震災の被災地支援の他、発展途上国の子供の教育支援や森林破壊を防ぐプロジェクトなど、その寄付先は多岐にわたります。

クリック募金は1日1回の制限がありますが、様々な企業や団体でクリック募金を展開しているので、毎日インターネットに接続するときの習慣としてWEBサイトのクリック募金をしていけば、WEBサイトのボランティア習慣として定着していきます。

また、ご自分のブログやホームページで情報発信をしている方は、ブログパーツとよばれる、ブログ上で使える機能を追加することで、ボランティアに貢献することができます。

ブログパーツは、時計やカレンダーなど、様々な機能をもつWEBサイトのアクセサリーのようなシステムで、先ほどのクリック募金のブログパーツをご自身のブログやホームページに追加することで、訪問した方にもクリック募金を広く知ってもらうことができます。

また、ショッピングサイトなどで、被災地でつくられる名産品などを購入すれば、その売上が被災地の方々の売上につながります。

その他、探してみるとWEBサイトでできる支援はまだまだたくさんあるので、ご自分の出来る範囲で続けていくことで、それがボランティアにつながっていきます。

«もともと中国で作られていた春雨